ブロックニュース

名古屋市指定文化財“建中寺”

【代官町支店】

0302

 名古屋城から徳川園に至るエリアは、江戸時代から明治、大正へと続く名古屋の近代化の歩みを伝える歴史的建造物が多く残されており、このエリアは「文化のみち」と呼ばれています。文化のみちは、「名古屋城・三の丸エリア」「白壁・主税・橦木エリア」「徳川園エリア」の3エリアから構成されています。

 この中で代官町支店管内にある“建中寺”は、「徳川園エリア」内にあり、慶安5年(1652年)第二代尾張藩主徳川光友が藩祖義直のため建立した壮麗な浄土宗の名刹で、禅宗様の三門がとても立派です。また、総門と三門の間には公園があり、地域住民の憩いの場となっています。

  • 店舗一覧
  • ポイント制度のご案内
  • 農業応援団になりませんか。
  • キャンペーン情報
  • 採用情報