ニュース&フラッシュ

米穀検査で安心・安全を

1008

 農産物検査員委嘱状交付式が9月11日、南陽町支店2階で行われ、営農生活センター、経済部の関係職員9人が出席し、二村文昭組合長より委嘱状が手渡されました。同状交付式は農産物検査業務規定に基づき開かれたもので、委嘱状を手にした職員は「検査業務規定に従い、適正な検査を行いたい」と話していました。

 その後、職員は、ライスセンター前と低温倉庫に並べられた米袋に穀さしを差し込み、検査検体となる玄米を採取し、品質を目視で確認しながら格付けを行いました。

  • 店舗一覧
  • ポイント制度のご案内
  • 農業応援団になりませんか。
  • キャンペーン情報
  • 採用情報