ニュース&フラッシュ

12人の役者、冬の庄内川に挑む

03031 03032

 中村区の七所社で2月13日(旧暦1月17日)、五穀豊穣・厄除等を祈念する「きねこさ祭り」が行われました。

 この祭りは、川の中に立てた竹が折れた方角で今年の吉凶を占う神事で、役者である後厄の男性10人と子ども2人が下帯姿で竹を担ぎ、冬の庄内川に入水。立てた竹に1人がよじ登り、「バキッ」と音を響かせて折れると同時に歓声が上がりました。

 今年は竹が南の方角に折れたことで、「吉」と出ました。

  • 店舗一覧
  • ポイント制度のご案内
  • 農業応援団になりませんか。
  • キャンペーン情報
  • 採用情報