ニュース&フラッシュ

神奈川県から視察団 JAセレサ川崎そ菜部

0407

 JAセレサ川崎そ菜部が2月28日、青年部の若手生産者が栽培するハウストマトや「米の集団栽培」が行われている港区南陽町の直播圃場を視察に訪れました。部員ら11人は名古屋市近郊でミディートマトを中心に出荷する二村將志さんや五反田地区でミニトマトを出荷する飯田実さんのハウスを視察。続いて、全国的に珍しい集団栽培と不耕起V溝直播圃場がある南陽地区を訪れ、栽培方法などについて説明を受けました。また、JA本店に移動し、経済事業を中心とした概況説明や意見交換会などを行うなど、参加した部会員らは「都会のイメージとは違い、農業が盛んに行われていることに驚いた。機械化されたトマト施設や農作業効率が上がるV溝直播栽培は参考になった」と話していました。

  • 店舗一覧
  • ポイント制度のご案内
  • キャンペーン情報
  • 採用情報