ニュース&フラッシュ

地域の農産物の大切さを知ろう!出前授業で地産地消を学ぶ!

12071

 

名古屋市緑政土木局の名古屋市農業センターが主催する地産地消給食講師派遣事業が10月31日、中川区で水耕ねぎ「なごやっこ葱」を栽培する上田敏綱理事のハウスで開催され、地元の西前田小学校3年生の児童42人が参加しました。

同取り組みは、児童の地産地消への理解と地元農産物への関心を深めてもらおうと、学校給食「みんなで食べる!なごや産」の日に使われている名古屋で育った農産物を教材にした出前授業として10年ほど前より実施。今回は富田支店管内で30年ほど前より水耕ねぎ栽培に携わる上田理事を講師に、播種から出荷までの工程を分かりやすく解説。参加した子どもたちは「水耕栽培では温度管理や水分量が大切だと分かった」と話していました。

  • 店舗一覧
  • ポイント制度のご案内
  • 農業応援団になりませんか。
  • キャンペーン情報
  • 採用情報