ニュース&フラッシュ

都市農業活性化や6次産業化を視野に名城大学と連携協定

040101 040103

 

 

 

 

 

 

    JAなごやは3月13日、名城大学農学部・大学院農学研究科と同大学の天白キャンバスで、都市農業活性化や6次産業化などに関する連携協定を結びました。

 調印式にはJAなごやから二村文昭組合長はじめ6人が出席。同大学の小原章裕農学部長、加藤雅士応用生物化学科教授らと調印しました。

 調印式後には、現在開発中のJAなごやブランド米「陽娘」を主原料とした可愛らしいピンクの甘酒を試飲しました。同甘酒は、「甘酒開発プロジェクト」を通して、JAなごやが同大学、NEXCO中日本と連携し開発を進めているもので、同月28日には、名古屋市中区のメーテレ社屋前(東別院表参道)で、試飲・試験販売(300本限定:1本400円)が行われました。

  • 店舗一覧
  • ポイント制度のご案内
  • 農業応援団になりませんか。
  • キャンペーン情報
  • 採用情報