ニュース&フラッシュ

税制改正と堆肥づくりを学ぶ

0611

 

 農と住の調和を考える会は5月15日、名古屋市公会堂で全体研修会を開き、約303人が参加しました。今回は、名南経営税理士木村健一氏による「平成27年度税制改正とそれに伴う相続対策について」と、堆肥・育土研究所代表橋本力男氏による「健康な土づくりと堆肥づくり」と題した講演が行われました。

 木村氏は、今人気の「ふるさと納税」や今年10月からの「マイナンバー制度」といったタイムリーな話題とともに、「余分な税金を払わないようにするため、早めの確認や対策をしていただきたい」と話していました。橋本氏は「土の免疫力をつけることが大事」と橋本さんが実践している腐敗テストの仕方をイラストを交えてわかりやすく解説しました。

  • 店舗一覧
  • ポイント制度のご案内
  • キャンペーン情報
  • 採用情報