ニュース&フラッシュ

家庭菜園ブームに乗り、職員が育てた野菜贈る

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 南ブロックは、コロナ禍により在宅時間が長くなるなか、来店者を対象に支店職員がプランターで育てたピーマンの無料配布を行いました。ピーマンは、組合員をはじめとした地域住民に野菜作りの楽しさを伝えようと、各支店が大型プランター(40㍑)を使い、4月に定植したもの。今回はピーマンの収穫時期に合わせて、来店者らに改めて「食べる喜び」を感じてもらい、引き続き野菜作りの魅力を伝えるため、秋冬野菜の育て方をまとめた冊子とともに手渡しました。
ピーマンと秋冬野菜の冊子を受け取った来店者は「野菜がもらえるとは思わなかった。これをきっかけに秋冬野菜に挑戦したい」と思わぬサプライズに笑顔で話しました。
 今後、南ブロックでは、家庭菜園を通じて、農業をより身近に感じてもらうため、初心者でも育てやすい「葉物野菜」の栽培方法を紹介したポップの貼り付けを行い、継続的に野菜作りの楽しさを発信していく予定です。また、畑がない非農家に対しても、少しでも農家所得が得られるような体制づくりを目指していきます。

  • 店舗一覧
  • ポイント制度のご案内
  • 農業応援団になりませんか。
  • キャンペーン情報
  • 採用情報