ニュース&フラッシュ

コロナ禍の中規模縮小して15年ぶりの開催!第128回愛知県農業祭献穀事業お田植祭

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

緑区の氷上姉子神社境内にある「熱田神宮大高斎田」で6月28日、「愛知県農業祭献穀事業お田植祭」が執り行われました。
同事業は、五穀豊穣に感謝する「新嘗祭」に献納するための米を育てるもので、名古屋での開催は平成17年以来15年ぶり。今回はJAなごやが主催し、JAみどり・天白信用が共催する形で開催されました。
また、当日は「第88回お田植祭」も併せて実施。例年大高支店の女性職員と支部長が早乙女姿で、笛や太鼓の音色に合わせて優雅に田舞を奉納した後、お田植歌に合わせて田植えを奉仕しますが、今年は新型コロナウイルス感染拡大を懸念し、規模を縮小しての開催となりました。

  • 店舗一覧
  • ポイント制度のご案内
  • 農業応援団になりませんか。
  • キャンペーン情報
  • 採用情報