ニュース&フラッシュ

米の品位等検査始まる

JAなごやは9月7日、南陽町支店敷地内にある低温倉庫で、米の品位等検査が行われました。倉庫内に並べられた米袋に穀さしを刺し込み、検査検体となる米を抜き取った後、水分計で水分量を測定。その他検査済みシールの貼り付けや、米の出来具合を複数人で直に観察しました。検査を終えた岡田検査員は「最初の検査が無事に終わりホッとしている。これから刈り取りが本格化するので、事故のないように取り組んでいきたい」と話しました。                       
また、当日は南陽町支店で農産物検査員の委嘱状交付式も行われ、経済部営農生活センター、㈱JA名古屋ファームから計10人が出席し、山口義博組合長から委嘱状を受け取りました。

  • 店舗一覧
  • ポイント制度のご案内
  • 農業応援団になりませんか。
  • キャンペーン情報
  • 採用情報