ニュース&フラッシュ

食べ物の大切さを知って!小坂小学校で食育授業

 

大高支店管内の組合員生産者で玉ねぎやブロッコリーを栽培している鈴木伸弥さんは10月6日、名古屋市立小坂小学校で、あいちの伝統野菜や地産地消などについて、4年生75人を対象に食育授業を行いました。同校では総合学習の一環として、食育授業を取り入れています。授業では、チラシやスクリーンを使い、あいちの伝統野菜である「大高菜」を紹介。また、普段食べている学校給食に名古屋の野菜が使われていることや、環境にやさしい地域循環型野菜「おかえりやさい」についても言及。
同校で初めて授業を行った鈴木さんは「子どもたちから多くの質問があり感心した。今回の授業を通じて、食の大切さを学んでほしい」と話しました。

組合員・利用者の皆様へ

  • 店舗一覧
  • ポイント制度のご案内
  • 農業応援団になりませんか。
  • キャンペーン情報
  • 広報誌 Cityなごや
  • 採用情報