ニュース&フラッシュ

献穀米の選別式 第128回愛知県農業祭献穀事業

 

「第128回愛知県農業祭献穀事業 米選別式」が10月21日、本店で開催されました。同献穀事業は、収穫した米を皇居に献納し、五穀豊穣を祈る伝統行事。
当日は4人が出席し、献穀者のJAなごや山口組合長をはじめ、日比野代表理事専務(JAなごや)・小島代表理事組合長(JAみどり)・村瀬代表理事組合長(JA天白信用)が、マスクと手袋を着け、ピンセットで割れや濁りのない米「あいちのかおり」を慎重に選別し、一升分を桐箱へ。その後、選別された献穀米は10月25日に宮中へ献納しました。

  • 店舗一覧
  • ポイント制度のご案内
  • 農業応援団になりませんか。
  • キャンペーン情報
  • 採用情報