ニュース&フラッシュ

「サツマイモ寒天」で地産地消PR

 

 

稲永支店は11月26日、地産地消PRを通して地域農業の振興を図ろうと、地元生産者が栽培したサツマイモ(紅あずま)を使った「サツマイモ寒天」を作りました。支店運営委員会による取り組みの一環で、同支店では初めての試み。
製造は港区の地元業者に、原料となるサツマイモは数少ない地元生産者2人(原正雄さん・小鹿正則さん)にそれぞれ依頼しました。
考案者である稲永支店の浅井支店長は「都市農業の振興を模索する中で、地元生産者が作った野菜の加工品がどうしても作りたかった。サツマイモ本来の甘味が口の中に広がる一方で、甘ったるさは残らない。懐かしくてやさしい味がする寒天に仕上がった」と出来栄えに自信をみせました。
港ブロックでは現在、組合員の声を反映した事業運営を展開していきたいとの思いから「地域の皆さまから信頼され、支持され、地域と共に発展するJA」を目標にアンケート調査を実施。お答えいただいた方の中から抽選で50人に「サツマイモ寒天」を無料提供する予定です。

  • 店舗一覧
  • ポイント制度のご案内
  • 農業応援団になりませんか。
  • キャンペーン情報
  • 採用情報