ニュース&フラッシュ

守山区奉賛会がお礼鏡餅奉納

 

 

 

 

 

 

 

守山区奉賛会は2月12日、稲沢市の尾張大國霊(おおくにたま)神社(国府宮)で2月13日に執り行われた「国府宮はだか祭り」に合わせて、5俵の餅米で造ったお礼小鏡餅を奉納しました。守山区奉賛会は2019年2月、昭和57年以来となる37年振りに大鏡餅を奉納。奉納した地区は、お礼として3年間奉納するのが慣例となっています。
新型コロナウイルスの感染拡大で、去年に引き続き、裸男の「もみ合い」は中止となりましたが、代わりに「神男」の大川さんらによる厄払いの「なおい行列」が粛々と行われました。
守山区奉賛会の森会長は「お礼奉納期間は今年で終了したが、来年からも引き続き鏡餅奉納に尽力していきたい」と、意気込みを語りました。

 

組合員・利用者の皆様へ

  • 店舗一覧
  • ポイント制度のご案内
  • 農業応援団になりませんか。
  • キャンペーン情報
  • 広報誌 Cityなごや
  • 採用情報